地震発生プロセスの総合的理解を目指す研究グループです
News & Topics

最近の出来事

2016年9月13-15日
スロー地震研究集会 (at 東京)
2016年10月1日
新たに1名の大学院生が研究室に加わりました
2016年10月5-7日
日本地震学会 (at 名古屋)
矢部優さん、奥田貴さん、学生優秀発表賞受賞
2016年11月7-11日
Chile-Japan Academic Forum 2016 (at Puerto Natales, Chile)

今後の予定

2016年12月12-16日
AGU Fall Meeting (at San Francisco, CA, USA)
2017年3月14-16日
SATREPS Workshop (at Quito, Ecuador)
2017年5月20-25日
JpGU-AGU Joint Meeting 2017 (at 幕張)
2017年7月30-8月4日
IAG-IASPEI (at 神戸)

最近の出版物より

Ide, S., Striations, duration, migration and tidal response in deep tremor, Nature, 466, 356-359, doi:10.1038/nature09251, 2010.

Ide, S., G. C. Beroza, D. R. Shelly and T. Uchide, A scaling law for slow earthquakes, Nature, 447, 76-79, doi:10.1038/nature05780, 2007.

Ide, S., A. Baltay, and G. C. Beroza, Shallow dynamic overshoot and energetic deep rupture in the 2011 Mw 9.0 Tohoku-Oki earthquake, Science, 332, 1426-1429, doi:10.1126/science.1207020, 2011.


上へ戻る