安藤研究室 Tectonophysics Group

  • 大地震の動的破壊シミュレーション
  • 大地震発生履歴の調査・モデリング
  • 時空間域-境界積分方程式法の新しい高速解法
  • 脆性・塑性不均質を考慮したスロー地震の一般モデル

ようこそ

地震の発生は,固体地球の最もダイナミックな運動の一つであり,幅広い時空間スケールにまたがる現象です(参考:本専攻ウェブマガジン第10号).我々は震源となる断層への応力の蓄積と破壊,地球内部や表層の変形など,地震発生を含むテクトニックな現象を理解するのに必要な,包括的枠組みを作ることを目指しています.研究手法は,数値計算を使用し,各種の観測データを基本的な物理的要素によって説明するというアプローチを多く取っています.一方,将来の地震を予測するのに,過去の地震を調べることは重要です.我々は,地質学・地形学的な野外調査を実施するとともに,地層や地形に記録された過去の地震を復元するために,震源のシミュレーションや地形などの数値データ解析を応用した,新しい研究手法の開発にも取り組んでいます.

数値計算が得意,もしくはフィールド調査が好き,とにかく地震と断層の謎を解明したいという,固体地球の変形に幅広い興味のある人を募集(参考:現在のメンバーと研究テーマ). フィールド研究は, 宍倉正展 兼任教授(産業技術総合研究所,グループ長)と共同で指導します. 井出哲 教授 と共に地震研究グループを構成しています.