教員

教授


井出 哲
地震学・地震発生論
ide [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地震破壊現象(断層すべり運動)の特徴は何か?どのような環境条件や物理法則が重要か?という問題を主に研究している。研究にはデータ解析やシミュレーションという方法を用いる。これまでに地震波形インバージョン手法を開発改良し観測データへ適用することでマグニチュード9クラスの巨大地震から、岩盤の小破壊までさまざまな地震の詳細な破壊過程を明らかにしてきた。

ウォリス サイモン
構造岩石学・テクトニクス
swallis [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
私は,造山運動プロセスを理解するために,野外調査に根差した構造岩石学的研究を行っている。地球を巨大な天然実験室として使い, 野外での観測・観察と天然試料を研究材料とする最大の利点は長い時間スケールで起きる地球プロセスの結果を直接に見られることにある。

小澤 一仁
岩石学
ozawa [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地球惑星物質に記録されている鉱物、珪酸塩メルト、ガス間での相転移や分配等の反応を支配する平衡・非平衡過程(カイネティクス)を読み解き、現象の支配過程に時間軸を入れることにより地球と惑星の熱と水を含む物質の進化ダイナミクスを明らかにしようとしている。

廣瀬 敬
高圧地球科学・地球深部物質学
kei [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
天然のダイヤモンドと高出力レーザーを用いた「レーザー加熱式ダイヤモンドセル」と呼ばれる装置を用いて、地球内部のあらゆる物質を実験室で合成、「地球や惑星の深部はどうなっているのか?」「地球はどのようにして出来たのか?」「地球はどのように進化してきたのか?」についての研究を行なっています。

准教授


安藤 亮輔
高圧地球科学・地球深部物質学
ando [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地震の発生は、固体地球のもっともダイナミックな運動の一つであり、幅広い時空間スケールにまたがる現象です.我々は,震源となる断層への応力の蓄積と破壊,内部や表層の変形など、地震発生に関する現象を理解するのに必要な包括的枠組みを作ることを目指しています。

飯塚 毅
地球惑星化学
iizuka [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
固体地球惑星がどのようにして現在の姿に至ったか,その進化を地質学(フィールドワーク)・年代学・地球化学を用いて調べています。特に、次のような研究テーマに取り組んでいます。「大陸地殻の起源と成長史」「初期地球進化」「惑星の集積及び化学分化」「微量元素及び同位体分析法の開発」

河合 研志
グローバル地震学・地球内部構造論
kenji [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地球の中はどのようになっているのだろうか。地球はどのように進化してきたのだろうか。その問いに答えるため、私たちは現在の地球内部の構造を推定する研究を行っている。観測された地震波を解析することによって、地球内部の地震学的構造(地震波速度および密度構造)の推定を行う。それと地球の表層に残されている過去の地質記録と照らし合わせることによって固体地球の進化を理解することを最終的な目的とする。

田中 愛幸
測地学
y-tanaka [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地殻変動、重力等の測地データを利用して、プレート沈み込み帯のダイナミクスやグローバルな地球変形を理論と観測の両面から研究しています。

講師

田中 秀実
物質地震学・構造地質学
tanaka [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
断層に沿った狭い範囲に分布する、断層活動の影響を受けた岩石は「断層岩」と呼ばれる。この岩石の静的/動的、物理/化学的性質を明らかにすることに近年多くの時間を割いている。1995年に発生した兵庫県南部地震の直後に立ち上がった「断層解剖計画」は、地震発生機構の理解を目指して、地震、現位置物理観測、地質、地形、物質の各専門家が共同した、我が国の地震研究にとって記念すべき研究であった。

助教

桜庭 中
地球内部ダイナミクス、惑星ダイナモ、地球電磁気学
sakuraba[at]eps.s.u-tokyo.ac.jp
現在の研究テーマは、地球 (および他の惑星) の固有磁場のふるまいを計算機上で再現することです。地球の磁場は、地球中心部にあるコアと呼ばれる領域で液体の鉄が流動し、電流が発生することで維持されています (地球のダイナモ作用)。コアのなかで生じる流れと電磁場の変動の様子を大規模数値シミュレーションで解析しています。
西田 圭佑
高圧地球科学
nishidak [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地球や惑星の内部は非常に高温高圧なため、内部の試料を直接取ってきて観察することはできません。そこで我々は、高温高圧発生装置を使って地球や惑星の内部を実験的に再現して、地球・惑星内部の構造や現象、進化過程を明らかにするために研究を行っています。私はこれまで、特に地球の外核のような液体の核に興味を持って研究を行ってきました。

佐藤 雅彦
古地磁気学・岩石磁気学
m.sato [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp

特任准教授

新名 良介
地球内部物質科学
sinmyo [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
地球内部物質の物理的性質、地球内部物質の化学的性質、高温高圧実験手法の開発

特任助教

桑山 靖弘
高圧地球科学
kuwayama [at] eps.s.u-tokyo.ac.jp
核の化学組成、液体鉄の高圧実験、含水鉱物の高圧相平衡など